豊洲|買い物の後は子どもの出番!遊びどころも満載の「アーバンドック ららぽーと豊洲」

週末になると小さな子どもから年配の方まで、幅広い年代の人達で賑わう大型ショッピングセンター「アーバンドック ららぽーと豊洲」(以下、ららぽーと豊洲)。2020年にリニューアルオープンし、子ども用品や服、おもちゃ屋さんなどが増え、子育て世代にとってさらに使いやすい施設となりました。そんな「ららぽーと豊洲」へ子連れで出かける際の過ごし方や、おすすめポイントをまとめました!2回にわたる記事で、魅力をたっぷりお伝えします。

後編の今回は<屋外>編。ららぽーと豊洲の建物から飛び出し、体を思い切り動かせる屋外のおすすめスポットや、休憩スポットなどをご紹介。食後の腹ごなしに、ちょっとお買い物に疲れてしまったお子さんに、おすすめの場所がたくさんです!

食後は外へ出て体を動かそう!

食事を終えたら、施設の外へ出てみましょう!海沿いに建つららぽーと豊洲の周りには、子どもが思いっきり体を動かせる場所がたくさん。

1.シーサイドデッキ

まずは、週末にはイベントが開催されていることも多いシーサイドデッキ。半地下のようになっているメインステージは階段を下りると芝生になっているので、イベントが行われていないときには、子ども達が走り回っている姿をよく見かけます。

メインステージ。芝生部分は、小さな子どもが転んでも安心。

シーサイドデッキからは水上バスが運行されており、浅草や、ウォーターズ竹芝への船旅を楽しむことができます。写真で上へ持ち上げられている橋は、時間によって下へ降りていて渡ることもできます。写真右の赤い大きなクレーン。どこかで似た形を見たことがあるなと思っていたら、「きかんしゃトーマス」のキャラクターの「クランキー」にそっくり。トーマス好きの子どもにはきっと喜ばれるはずです。

2.豊洲公園

海側の出口から外へ出ると、左側に「豊洲公園」の芝生エリアがあります。暖かい季節には、芝生エリアにテントを張ってくつろいだり、ボール遊びやバドミントンを楽しんだりと、様々な姿が見られます。芝生エリアの先には、遊具がたくさん並ぶエリアが待っています。砂場や幼児用の複合遊具から、少し複雑な複合遊具や、何人かで協力しないと動かせない遊具など、小さな子どもから、小学生高学年でも楽しめるような遊具の揃った公園です。夏にはじゃぶじゃぶ池も登場しますよ!!

小さい子どもに人気の複合遊具と砂場

小学生高学年くらいの子ども達も楽しめる複合遊具

豊洲公園のすぐ横には「ゆりかもめ」が走っています。電車好きの子どもにはたまらない光景ですね!

豊洲公園|珍しい遊具で創造力も体力も育てる!ららぽ隣接の頼れる公園

3.釣具レンタル「LUREMAN」

豊洲公園から、海側へ階段を下りた場所が、このエリアでは有名な釣りスポットだということをご存知ですか?時期によって釣れる魚は様々ですが、聞いてびっくり!ハゼなどの小さな魚がメインではありますが、上級者になるとブリや太刀魚、穴子まで釣れるそうです。夢がありますね~。そんな、この場所には週末になると、トラックの釣り具レンタルショップ「LUREMAN」が現れます。手ぶらでOK、気軽にちょっと釣りを体験してみたい方、是非挑戦してみてください。

豊洲|子連れに優しすぎる釣りを体験!手ぶらでOKな釣具レンタル「LUREMAN」

ただし、このエリアは、ランニングや散歩している人が多い場所。安全の観点から、「釣り禁止エリア」も設けられているので、しっかりと確認し、ルールを守って楽しみましょう。

遊び疲れたら、休憩タイム

たくさん遊んだあとは、甘い物でも食べながら休憩するのがわが家の定番。ららぽーと豊洲内にはキッズセットが用意されているカフェもたくさんあります。

1.学割が嬉しい「ゴンチャ」

言わずと知れたタピオカドリンクが人気の「ゴンチャ」。実は、ゴンチャでは、学生証の提示で学割価格で購入できる商品があります。4種類限定ではありますが、オーソドックスな「ブラックミルクティー+タピオカ」も対象で、とってもお得です。わが家では、次男がタピオカ好きなので、ゴンチャの前を通ると、「タピオカ食べたーい!」とおねだりされます。私は、ゴンチャのブラックミルクティーが好き、次男はタピオカが好き。利害が一致するので、ついつい購入してしまいます。

2.クリスピー・クリーム・ドーナツ

可愛らしいドーナツが魅力の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。普段は「お好きなドーナツ1個+お好きなドリンク」で30円OFF。しかし、キッズコンボは「お好きなドーナツ1個+キッズドリンク」で100円OFFになります。嬉しいサービスですよね。

3.サンマルクカフェ

わが家がゆっくりお店で休みたい時に利用するのが、「サンマルクカフェ」。私はここのチョコクロが大好き。コーヒーと一緒に注文して疲れを癒します。キッズセットや、パフェメニューもあり、リーズナブルなので、ついつい子どものおねだりに応えてしまいます。

キッズセット(税込450円)はチョコクロ+オレンジジュース+ソフトクリームがセットになっています。

子連れに嬉しい設備・スポット

ららぽーと豊洲には、小さな子連れの家族に施設が充実しています。

1.ベビールーム

ららぽーと豊洲内には各所にベビールームが設けられており、おむつ交換台や、授乳室などの設備が充実しています。公式ホームページにも詳しい場所が載っているので確認してみてください。下の写真は洋菓子店「デリーモ」とフードコートの間にあるベビールームです。

調乳用の設備や、電子レンジ、おむつ用のゴミ箱など揃っています。

授乳室内にもおむつ交換台がありました。

「おむつが足りなくなっちゃった!」そんなトラブルにありがたい「おむつ自販機」

2.キッズトイレ

トイレトレーニング中の子どもにとってありがたい「キッズトイレ」。キッズトイレも公式ホームページに詳しい場所が出ています。写真は洋菓子店「デリーモ」とフードコートの間にある女子トイレの中にあるキッズトイレ。こちらは公式ホームページ内に情報がありませんでした。

3.ベビーエリア

3階サンマルクカフェ横にある「ベビーエリア」は2歳未満の子どもが対象。ハイハイ期の子ども達はなかなか商業施設の中で動けずにベビーカーや抱っこひもの中で過ごす時間が増えます。靴を脱いで上がることのできるスペースがあるのはありがたいですね。すぐ横の柱が身長計になっており、わが子達はここを通りかかると、必ずここで身長測定を始めます。

【番外編】「キッザニア東京

ららぽーと豊洲で子どもが一番集まる場所と言っても過言ではないでしょう。小学校の遠足の行先にもなっている職業体験施設の「キッザニア東京」がららぽーと1の3階にあります。様々な職業を体験し、お給料をもらったり、もらったお給料で買い物をしたり。楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができます。親はと言うと、子どもの各職業の制服にキュンキュンしたり、ちゃんとできるのかな?とドキドキしたりしながら、子どもの成長をガラス越しに見守ります。

入口には大きな飛行機。このエントランスをくぐると子どもが主役の街が待っています。

息子も何度か訪れ、様々な体験をしています。

 

買い物もしたいけど、子どもが飽きてしまうのが心配。食事はどこで食べよう?授乳室はあるかな?など、様々な不安のある中での子連れのお出掛け。ららぽーと豊洲なら、必要なものの買い物も、子どもの「遊びたい!」の気持ちも満たしてくれます。是非、週末は家族で出かけてみてはいかがでしょうか?

(2021年4 月訪問)

スポットデータ

スポット名 アーバンドックららぽーと豊洲
公式情報 このスポットのオフィシャル(公式)サイトへ 
▶︎Facebook
▶︎Instagram
▶︎Twitter
住所 江東区豊洲2-4-9(map
最寄駅 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」2b出口直結、ゆりかもめ「豊洲駅」直結
営業時間 各店舗によって異なる。詳細はこちら
定休日 不定休
主な施設  

※2021年4月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です