豊洲ぐるり公園|豊洲市場をぐるりと囲む多目的に利用できる公園!

豊洲豊洲ふ頭先端から東電堀(船着場)まで全長4.5kmの園路で、その名の通り豊洲市場の周りをぐるりと囲う「豊洲ぐるり公園」。約15.2haの広大な面積を誇り、東京湾を臨む先端部にはバーベキュー場や遊具エリアなどの施設が集まっています。

今日の目的は?目的地を決めて出発!!

ともかく広い豊洲ぐるり公園。「ランニングやお散歩」「公園遊び」「バーベキュー」「釣り」など公園内でできることは盛りだくさん。公園へ向かう際には、広い公園内のどこを目指すかを決めてから出掛けましょう。

豊洲ぐるりパーク全体案内図(提供:豊洲ぐるりパークマネジメントJV.R2.09)

電車で出掛けるのであれば、ゆりかもめ「新豊洲駅」「市場前駅」が最寄りですが、中央区からなら自転車や車での来園も便利。自転車来園なら、おすすめは環状二号線を通るルート。レインボーブリッジやお台場、スカイツリーなどを眺めながらのサイクリングは気持ち良いですよ。ただし、数本(勝どきからだと2本、築地からだと3本)大きな橋を越えるので、電動自転車以外の方は太ももパンパンを覚悟の上臨んでください!(わが家では毎回夫がこの役回りですが……)

豊洲大橋から見た豊洲ぐるり公園

レインボーブリッジビュー!初心者も安心の平坦な「ランニングコース」

豊洲市場をぐるりと囲む公園は、ランニングコースになっています。運河沿いに一段下がった位置にコースがあり、400mごとにチェックポイントが設置されているのがランナーにとっては嬉しいポイント。敷地が“コの字”状になっているので皇居のランニングコースのようにクルクル周遊できるコースではありませんが、チェックポイントを目安に走った距離を確認したり、ゴールを設定したりしながら、自分のペースで走るのに最適です。

ランニングコース。スタート地点からの距離の表記案内もあります。

昼夜問わず、ランナーの姿が多く見られるこのランニングコース。レインボーブリッジや東京タワーを眺めながらのランニングや散歩は気持ち良い!平坦なコースなので、ランニング初心者でも安心して走ることができそうです。

また、上の写真でもお分かりの通り、釣りを楽しむ人の姿も多くみられます。9月の少し涼しくなった休日には、ずらりと釣り竿が並び、レジャーシートやテントを広げて釣りを楽しむ家族の姿もありました。一体どんな魚が釣れるのか気になります。

2つのバーベキュー場が隣接

ぐるり公園の中には、手ぶらでバーベキューができる施設が2カ所。

1つはぐるり公園内の「豊洲ぐるり公園手ぶらBBQ広場」。公園の先端に位置し、豊洲市場を背に、東京湾やレインボーブリッジ、お台場の景色を臨む立地。休日の朝10時頃に通った際にも、すでに数組のグループが準備を始めていました。

豊洲ぐるり公園手ぶらバーベキュー広場

参考 豊洲ぐるり公園手ぶらBBQ広場

平日はデイタイム利用(11時~16時)のみで5時間制、土日祝日はデイタイム(10時~14時)とサンセットタイム(15時~19時)の2部制でそれぞれ4時間制と、ゆったりの時間設定がありがたいですね。利用料金は人数単位でなく区画単位で、少人数用(~6名)のファミリー区画と、大人数用のレギュラー区画(~15名)に分けられています。近くにランニングコースや芝生が広がっているので、子どもと遊びながらバーベキューを楽しむことができそうです。

レギュラー区画

 

もう1つの手ぶらバーベキュー施設は、「THE BBQ BEACH TOYOSU」。こちらは上記のバーベキュー広場に隣接していますが、入口は別です。白いおしゃれな建物が目印にお越しください。

参考 THE BBQ BEACH TOYOSU

バーベキューエリアは天幕あり、冬季は北風を遮る横幕ありの全天候型なので、お天気の心配が少ないのが嬉しいポイント。場内はソファ席のラグジュアリーゾーンとデラックスゾーン、テーブル席のカジュアルゾーンに分かれており、用途や予算に合わせて選べます。ちょっとリッチな気分でバーベキューをしたい方はこちらの施設を。料金は人数単位で、時間は平日4時間制、土日祝3時間制です。

どちらのバーベキュー場も、東京湾を一望する最高のロケーション。そして豊洲市場の真横だけあって、魚介類を含んだ食材プランも用意されています。この立地で食べる浜焼きはきっと絶品のはず。

大きな複合遊具でめいっぱい遊ぼう!

バーベキュー場から有明側へ進むと、巨大な遊具が見えてきます。

土日に行くと常にたくさんの子ども達でにぎわっているこの複合遊具。少なくとも、私の知る中央区・江東区にある公園遊具の中では一番大きいです!5つのすべり台や、雲梯(うんてい)などの遊具が一体となっていて、子どもは夢中であちこち走り回っていました。

 

さらに、もう一つの複合遊具。こちらはもう少し小さい子用かな?両側からパパと子どもがやってきて、じゃんけんして、負けたらスタートに戻る。といった遊びをしている親子の姿もあり、遊び方は色々ありそうです。

 

安心の公園設備

複合遊具のあるエリアから一段下がった場所には、トイレ・水道・自動販売機が並んでいます。トイレにはおむつ替えスペースもあるので、小さい子連れでも安心。トイレはこの他にもランニングコース内に4カ所、ランニングコース途中にある豊洲六丁目公園内に1カ所あります。自動販売機は複合遊具のあるエリア周辺には、他に駐車場入口にも設置されています。


以前は全く日かげがのかった遊具エリアに、待望の屋根付き休憩スペースが登場していました!

さらに、遊具エリアを下に降りたトイレの近くに、なにやら白い建物が。こちらには、2020年9月25日にパークレストラン「キュイジーヌ フランセーズ ラ・シャンス」がオープン予定。フレンチレストランで、デザート付のランチセットが1500円+税から楽しめるようです。公式ホームページに「お子様でも楽しめるメニューをご用意しております」とあったので、子連れでも入りやすいレストランになりそう。テイクアウトも利用可能なので、公園で遊んで屋外のベンチでピクニック、なんて使い方も良いですね。

参考 キュイジーヌ フランセーズ ラ シャンス

豊洲市場をぐるりと囲む「豊洲ぐるり公園」。遊具で遊ぶのはもちろん、釣りやバーベキューなどちょっとした非日常を楽しむことができる数少ない公園の一つ。豊洲市場の見学を楽しんだ後に景色を楽しむも良し!お弁当を持ってピクニックも良し!家族やお友達と絶景を見ながらのバーベキューも良し!何度でも足を伸ばしたくなる公園です。

豆知識

豊洲ぐるり公園は、豊洲ふ頭内公園(豊洲ぐるりパーク)の一つです。豊洲ふ頭内公園(豊洲ぐるりパーク)は、豊洲ぐるり公園の他、豊洲公園、豊洲六丁目公園、豊洲六丁目第二公園の合計4つの公園からなる総面積およそ19.8haの公園です。ランニングコースやBBQ広場、水陸両用バス乗り場があり、イベントも開催されている空と海と緑の美しい公園です!

豊洲公園|珍しい遊具で創造力も体力も育てる!ららぽ隣接の頼れる公園

(2020年9月訪問)

スポットデータ

スポット名 豊洲ぐるり公園
公式情報

このスポットのオフィシャル(公式)サイトへ

住所 江東区豊洲6-1先・江東区豊洲5-1先
主な遊具、設備 複合アスレチック(すべり台、雲梯)、芝生広場、BBQ施設

子連れチェック

トイレ 水道
ベンチ 日かげ
備考 ところどころに日かげはありますが、公園が広く日かげのないエリアも多いです。

※2020年9月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です