晴海臨海公園 | 晴海エリアの端っこにあるドッグランや野球場もある穴場スポット 

わが家の週末のお散歩コースで、ここ1年以上使っているにも関わらず、最近ドッグランがあるということを知りました…。とても広いので、ジョギングはもちろん、お散歩やスポーツなど、なんでもできる穴場公園です。

ドッグランやグラウンドを併設

まずは最近見つけた、ドッグラン。中・大型犬用と小型犬用の2つのスペースがあります。橋の下にあるので、ちょっと分かりづらい位置にあります。晴海大橋沿いに歩き、野球グラウンドの横の坂を上がっていくとあります。

このスペースの外側(右側)には水飲み場もあります。

わが家は週末の朝9時頃の散歩が多いのですが、毎回そこまでワンちゃんはおらず、数匹のワンちゃん遊んでいるという印象です。この日は中・大型犬エリアは誰も利用していませんでした。利用時間は朝7時から夜8時までです。(※中学生以下は保護者同伴と記載あり)

野球やサッカー教室なども開催されている大きなグラウンド(運動広場)も併設。週末には、サッカーや野球などを楽しんでいるパパとお子さん達が沢山いらっしゃいます。

運動場の利用時間は9時―18時。

運河を望める全長約600メートルの水辺テラス、子ども用遊具のある芝生広場、運動広場などをお散歩するだけでもいい運動になります。

子どもが喜ぶ充実の遊具

グラウンドの前は遊具のスペース。鉄棒や滑り台、アスレチックやぶら下がり器具もあり、夜にはトレーニングをしている方もいます。

ぶら下がり機に挑戦したらわずか20秒で落ち、6歳の娘に負けました。

変わった形の遊具は結構ハードな感じです…対象年齢は6歳~12歳と記載があります。

ここの滑り台は晴海周辺では一番高さがある気がします。ちょっとウェーブになっているため、下りるときは尻もちをつくケースが結構あります。

くじらさんに乗り満足気な息子。ちょっと乗り降りしにくく、毎回大きな声で『ママー、のりたいor おりたい』と言われます…そろそろ自分でできるようになってほしいな。

公園部分の全体像です。2つの高さの鉄棒とお砂場があります。

この日はお砂場には3組のパパと小さいお子さん達がいらっしゃり、結構窮屈な感じで遊んでいました。ママは日かげのベンチで座っていらっしゃいました。

ふるさと晴海資料展示館

展示館と言っても中に入れるわけではないのですが。ガラス越しに町会の神輿3点セット(大人、子ども、山車)を見ることができます。

晴海には自前の神輿がなく住吉神社の大祭の際にはレンタルだったそうで、平成23年に浅草の神輿師・宮本重義氏によって晴海の神輿は造営されたそうです。そんなエピソードを知ってから眺めると感慨深いですね。

夜のお散歩もオススメ

わが家は愛犬の散歩でよく利用するのですが、19時くらいには貸し切り状態。そしてレインボーブリッジや、ららぽーと豊洲などの夜景もキレイです。街灯もしっかりあるので、怖いということはありません。夜のお散歩も気持ちの良いものです。

このベンチからららぽーと豊洲が眺められます。静かな環境でゆっくりできる嬉しいスポット。

アクセス

黎明橋を渡り、晴海トリトンを江東区方面に向かって直進(晴海三丁目の信号を渡り)し、有明通りから2つ目の道に向かうと晴海臨海公園の入口へ到着。
江東区方面からだと、晴海大橋を渡りきった右側に晴海臨海公園が見えてきます。

運河に面した部分は約600mにわたり、水辺のテラスとなっています。

江東区方面から晴海大橋を渡っている際の晴海臨海公園全体。土曜日朝9時には人はほとんど見えませんね。

最後に

この公園は晴海の端っこにあるため、結構知っている人が少ないのか、いつ行ってもそこまで混んでいない穴場の公園です。

水辺でゆったりしたり、公園で遊んだり、グラウンドを使えたりとお弁当を持ってランチしても楽しい公園です。

スポットデータ

スポット名 晴海臨海公園
公式情報 このスポットのオフィシャル(公式)サイトへ 
住所 中央区晴海2-4-27
主な遊具、設備 運動広場、芝生広場、展望広場、水辺のテラス、児童用複合遊具、すべり台、砂場、スプリング遊具、健康遊具、公衆便所

子連れチェック

トイレ 水道 ベンチ 日かげ
備考 ・おむつ替え台あり(だれでもトイレ内)
・自動販売機は公園内にはなく、晴海3丁目の信号近くにファミリーマートやセブンイレブンなどがあります。また徒歩約3分のところにトリトンがありますので、何かお困りの際にはそちらを利用するのがオススメです。

※2020年7月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です