鉄砲洲児童公園|夏はじゃぶじゃぶ池!四季を感じる地域のための公園

春はお花見やお祭り、夏は盆踊りやじゃぶじゃぶ池で賑わう鉄砲洲児童公園は、鉄砲洲エリアの中心的存在。

秋は紅葉、冬は雪景色、四季を感じられるのも魅力的な公園をご案内します。

夏の名物、じゃぶじゃぶ池!

まずは夏の名物のじゃぶじゃぶ池!

私も幼少期に大変お世話になり、1人で潜水泳ぎができて親にすごく自慢した思い出の場所です。

営業中は滝が流れ落ち、水の音が暑い中で見守る親を癒してくれます。椅子と屋根は一部にしかないので、木陰を目指して腰かけて見守る感じです。日焼け止め必須です。

浮き輪やおもちゃは備え付けのものがあります。持ち込みも可能なので、名前をつけて持参すると安心ですね。利用できるのは未就学児まで。

※2020年は例年より開催期間が短くなっていたり、衛生管理上オムツ(水遊び用の紙オムツを含む)を着用しての利用ができなくなっているので注意!詳しくは区のHPをご確認ください。

参考 じゃぶじゃぶ池の案内と利用方法中央区ホームページ
中央区内じゃぶじゃぶ池のあるその他の公園も、Co-sodateチェック!

思いっきり身体を動かせる遊具

遊具は基本的なものになりますが、あなどってはいけません!

すべり台はまるでアスレチック。普通の階段はありません。網やウォールクライミングなど4通りの登り方があります。

2つのすべり台の架け橋となっている網は小さい子の足ははまりやすい。そこを通りがかりのお兄ちゃんお姉ちゃんが手を差し伸べてくれる光景は微笑ましいです。らせん状の登り棒など珍しい遊具もついています。

複合遊具とは別に大きなウォールクライミングもあります。

途中に窓穴があるので、自力でてっぺんまで上がれなくても、そこから顔を出してパパやママに達成感を伝えるお子さんも多くいます。てっぺんまで上がれても、降りるのは大人の協力が必要なときもあるので、パパママが首や腰を痛めないようにしましょう!

低い位置で枝分かれしている木が多く、木登りも人気ですよ。

ベンチでまったりも


公園内にはベンチがたくさん!

シャボン玉したり近所の駄菓子屋さんのおやつで休憩したり。テーブル付きのベンチでピクニックしたり。PC広げて作業しているパパさんも見かけます。

春にはお花見が楽しいですよ。

アクセスと設備

電車は東京メトロ日比谷線とJR京葉線「八丁堀」、東京メトロ有楽町線「新富町」が最寄駅。

都バスと江戸バスは目の前の「鉄砲洲」です。

公園側のバス停あたりのベンチは風が吹くと噴水の水がさらさら~とかかるのでご注意くださいね。子ども達はすごく楽しむと思いますが。

駐輪場の設置はありませんが、噴水がある側の角に停めている方が多いです。

小学校側の角にはコミュニティサイクルポートがあるので、ご自宅の最寄りから利用してもいいですね。

公園にいわゆる柵はありません。植え込みや花壇で仕切られていて心地よいです。

水道はこちらの1ヶ所。

ここで水風船を作って遊ぶ光景がよく見られます。公園のものはどこもそうだと思いますが、手洗いの方が水はねします。台に乗っていれば多少は回避できるので、お子さまにお声がけしてあげてくださいね。

トイレは女性・男性・多目的があります。女性用は和式です。多目的トイレにはおむつ替え台があります。…が、清潔とは言いがたいです。清潔を求める場合には、ベビーカーをフラットにして交換するなど工夫が必要です。目の前の中央小学校のトイレはプール利用者のみが使えるのでご留意くださいね。

この公園は災害時の避難場所に指定されています。その時には井戸も機能します。

避難地域の方は一度チェックしておくと安心かと思います。

四季を感じられる地域の憩いの公園。朝は誰もいないことが多く、鳥の鳴き声や植物を楽しみながらのお散歩もおすすめです。

あ、あと、高視聴率の人気ドラマ『ロングバケーション』(1996年)にも登場したんですよ。そんな目線で寛ぐのもありだと思います。

スポットデータ

スポット名 鉄砲洲児童公園 (てっぽうずじどうこうえん)
公式情報 このスポットのオフィシャル(公式)サイトへ
住所 中央区湊1-5-1
主な遊具、設備 複合遊具・砂場・池・流れ・ジャブジャブ池

子連れチェック

トイレ 水道
ベンチ 日かげ
備考 女性トイレは和式。多目的トイレは洋式、おむつ替え台あり。

※2020年7月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です