あかつき公園 冒険広場|タイヤを活用したユニークな公園。ターザンロープも大人気!

あかつき公園冒険広場

リニューアル前は「アスレチック公園」と呼ばれて親しまれ、活発に遊べる要素を十分に残して生まれ変わった「あかつき公園 冒険広場」(あかつきこうえん ぼうけんひろば)は通称「タイヤ公園」。その名のとおり、これでもか!という数のタイヤが活用されているんですよ。

タイヤを使って思いっきり遊べる珍しい遊具

居留地中央通り(保健所側)から入ってまず目に飛び込んでくるのが、高~いタイヤのタワー。

タイヤタワー

土台のタイヤの大きさ!これはどんな乗り物に使われているんでしょうね?子どもたちは全身を使ってよじ登っていきます。万が一踏み外してしまっても、ゴム製のタイヤが衝撃を和らげてくれます。地面は落ち葉などで覆われていて、こちらもクッション効果がありそう。

地面

反対の築地川公園側の入口には小さめのタイヤタワーも。と言っても幼児には十分大きいですけどね!

吊り橋もタイヤ。踏むとヘニョっとなるし揺れるしで、へっぴり腰になる幼児ちゃんの様子が可愛かったり。

タワーの周囲を囲むように埋められているタイヤ達はピョンピョンッと渡って。分岐になっているところで遭遇したら、道を譲り合う優しい子どもたちの姿を見られるかも。「どーんじゃんけんぽん(*1)」をしても楽しそうです。(*1  2グループに分かれそれぞれコースの端からスタート。鉢合わせしたらじゃんけんし、勝ったら進み、負けたらスタートに戻りつつ次の子が出発。先に相手のスタート地点に到着したら勝利!)

飛び石

この土管、どこかで見たことあるような気がしませんか?

私はいつも『ドラえもん』の空き地にある土管みたいだな~って、あのキャラクター達と重ね合わせてます。なんだか昭和感が漂っていて好きです。

区内の公園で定番となっているウォールクライミングがここにも!

渡りタイヤ(?)のタイヤの大きさ!

渡りタイヤ

幼児はかなり大股でヨイッショ。

渡りタイヤ

同じコーナーにあるこの遊具、わが子は「こうやって遊ぶんだよ!」と1つ1つ移動。大きなタイヤを、けっこう全身を使って動かしてます。うん、いい運動。友人の子はこの上を歩こうとしてしまって、グルンと回り落ちて骨が……(泣)決して子どもが上に乗らないよう気を付けましょう。

すべり台とターザンは格別!

富士山みたいな滑り台。滑り台の左端には……

滑り台

滑り台

そう、タイヤが敷かれていて、よじ登れるんです。この公園の滑り台は、“逆走”をしていいんです!「ほら、滑りたいお友だちいるから登っちゃダメよ。」なんて光景ってあるあるですよね。ここで存分に登っちゃいましょ!傾斜は比較的あります。

滑り台

滑り台手前のタイヤは外して遊べます。タイヤをソリにする子たちも。タイヤはかなり重いので、大人が運ぶお手伝いしてあげると良いです。

滑り台

上りは階段の他にタイヤの山からも。手も使ってヨイショッヨイショ!

 

そしてこの公園で一番の大物遊具がターザンロープ!2本もあるんですよ!!

ターザン

ロープの上側をしっかり握って、ジャンプして結び目に座ってシャーーー!なんですけど、わが子は届かないから1段ずれてます(苦笑)「1人でできるもん」なお年頃なので、あえてお手伝いはせず、存分に楽しんでもらってます。

ターザン落下

あ、落ちた(笑)入口を撮影しようとしたら、シャーッと現れて落ちました(笑)雨上がりの朝、洋服は……ご想像通りです。

子連れポイント

水道とゴミ箱は居留地中央通り側に1ヶ所ずつ。お手洗いは通りの向こう側の「あかつき公園」にあります。あかつき公園隣接の「築地児童館」をお借りしておむつ交換ができますよ。

水道

ゴミ箱

管理人

いざというときに安心な、管理人さんがいる公園です。タイヤも消耗品、メンテナンスも大変だとお察しします。清掃もしてくださり、感謝感謝です。

ベンチもあります。ベンチの横の植木をよーく見てみると……

ベンチ

お気付きですか?ここにもタイヤが活用されていますね。

築地川公園側の端に「工学院大学学園発祥之地」の石碑があります。明治21年(1988年)2月に開校しました。当時は「京橋区南小田原町」という地名だったそうです。築地にある交番の名前がなぜ小田原町交番なの?と疑問だった方、これでスッキリですね。そんな歴史にも触れられる一画です。

工学院大学学園発祥之地石碑

アクセスと近隣子連れスポット

東京メトロ日比谷線築地駅から徒歩3分。江戸バス「あかつき公園」停は目の前、都営バス「聖路加病院」「築地七丁目」停からも徒歩数分とアクセス良好なロケーション。駐輪場も園内に設置されています。

駐輪場

開園時間は夏季と冬季で異なります。また、利用にあたって公園からの「おねがい」が掲示してありますので、マナーを守って気持ち良く遊びましょうね。

お願い

お願い

お願い

居留地中央通りの向こう側には、ローラー滑り台・こだわりの砂場・噴水広場などがある「あかつき公園(保健所側)」もあります。近隣にはプラネタリウム(タイムドーム明石)、数々の有名校などの発祥の地、築地場外市場など子連れで楽しめるスポットが目白押し。1日があっという間に過ぎてしまうようなエリアですよ。2016年10月8日放送の「出没!アド街ック天国 ~築地 明石町~」(テレビ東京系)では、「築地川公園」「あかつき公園 冒険広場」が第5位にランクイン!冒険広場を訪れるとともに、ランクインした他の名所を巡るのも楽しそうですね♪

参考 出没!アド街ック天国 ~築地明石町~出没!アド街ック天国 - 公式ホームページ

 

遊具

(2020年9月訪問)

スポットデータ

スポット名 あかつき公園 冒険広場(あかつきこうえん ぼうけんひろば)
公式情報 このスポットのオフィシャル(公式)サイトへ 
住所 中央区築地7-19-1
主な遊具、設備 滑り台・ターザンロープ・吊り橋・ウォールクライミングなど

子連れチェック

 

トイレ *2 水道
ベンチ 日かげ
備考 *2 居留地通りを渡った方のあかつき公園内にあり。おむつ替えは築地児童館利用可。


※2020年9月時点の情報です。

あかつき公園(保健所側) あかつき公園(保健所側)|ローラー滑り台や噴水で水遊びがとっても魅力的!ピクニックにもぴったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です