新木場|木材倉庫をリノベーション。調味料からインテリアまでこだわりの詰まったおしゃれカフェ「soko station 146」

新木場駅から徒歩5分。木材倉庫をリノベーションしてつくられたおしゃれカフェ「soko station 146」。こだわりの詰まったフードメニューやドリンクメニューも豊富。お仕事での利用や友達、家族とのランチやティータイムにおすすめです。また、クラフトコーラやジャムなど、ここでしか出合えない珍しいアイテムも販売していますよ。

外観とのギャップ!倉庫を活かしたシンプルで落ち着けるおしゃれ空間

お店の外側は倉庫そのもの。看板が出ている入り口から階段で2階へと上がっていきます。

入り口から階段を上がって2階へ

店内は倉庫の無機質な感じを残しつつ、白を基調としたシンプルな空間。天井も高く、窓も多いので、とても明るく開放感があります。倉庫の外観とはイメージが全く異なり、外観とのギャップに驚きです。
テーブルにスツールといったカジュアルな席から、奥にはゆったり寛げるソファ席も。白いサイコロ型のテーブルや椅子の席もありました。私が訪れた時は、若い女の子やカップルが白い服を着て、その白いサイコロ型のテーブルで写真を撮っている姿をちらほら見かけました。気になってInstagramを検索してみると、このカフェでのおしゃれ写真がたくさん……“映える”カフェのようです。
Wi-Fiやポータブル電源の貸し出しも行っているようなので、お仕事での利用にも重宝しそうですね。

店内の様子

テーブルとスツールの席

ゆったりとしたソファ席

常時2種類の豆から選べるコーヒーに、他にはあまりない珍しいキッズドリンクも!

今回、私たち家族は休日のティータイムに訪れました。
アイスラテ(550円/税込※以下同)、世界のマーマレードパウンドケーキ(400円)、お子さまアップル(200円)、さくさくフレンチフライ(400円)をオーダー。

コーヒー豆は常時2種類あり、ブラジル産のレギュラー豆と、季節によって定期的に入れ替わるシーズナル豆から選べます。
私が注文したアイスラテには、2種類の豆のうちどちらの方がおすすめなのかを店員さんに聞いてみることに。アドバイスのもと、ミルクと相性の良いシーズナルのエチオピア産の豆にしました。好みやその日の気分で豆の種類が選べるのは嬉しいですよね。どちらがいいか迷った時は、店員さんに聞くと親切に教えてくれますよ。

また、“世界の”とネーミングされた商品が気になりオーダーしたこの『世界のマーマレードパウンドケーキ』は、世界大会で金賞を取った『愛媛の河内晩柑のマーマレードジャム』を使用して作られた人気のものだそう。数に限りがあるので売り切れることもあるのだとか。今回、食べることができてラッキー!!しっとりとしていて、オレンジの風味が口いっぱいに広がり、とても美味しかったです。

世界のマーマレードパウンドケーキ(400円)

ドリンクのカップは、ロゴがおしゃれなステンレス製。保温性も保冷性もバッチリ。ゆっくり時間を過ごしていても、長時間温度をキープしてくれるのでありがたいですね。

アイスラテ(550円)、お子さまアップル(200円)、さくさくフレンチフライ(400円)

キッズのドリンクメニューもあります。お子さまアップル(200円)とベビーチーノ(200円)の2種類。

みなさん、“ベビーチーノ”ってご存知ですか?私はこの日が初めてだったのですが……。子ども用のカプチーノで、温かいミルクにココアパウダーなどをのせた飲み物なのだそう。もちろんノンカフェインです。子どもも大人と同じようなドリンクが飲めると、より一層カフェ気分が味わえて、喜びそうですね。キッズドリンクは子どもが持ちやすい両手持ちのコップで提供されます。

こだわりの詰まったフードメニュー!

ポテトが大好きなわが子。
お店にポテトフライがあると、かなりの割合でオーダーするのですが、ここの『さくさくフレンチフライ』に添えられたケチャップはケチャップというより本格派トマトソース。自家製のトマトソースが美味しく、さくさくポテトと相性抜群。わが子の食べる手がいつも以上に止まりませんでした。ちなみに、『さくさくフレンチフライ』のソースは4種類。マスタード、ケチャップ、ダブル(マスタード+ケチャップ)、ヨーグルトチーズソースから選ぶことができます。

今回、私たちは昼食をとった後に訪れたので、お腹がいっぱいで食べることができなかったのですが、隣の席の方が食べていたホットドッグが、とにかく美味しそうでした。
ポテトについてきた自家製トマトソースがとても美味しかったので、自家製にこだわって作られたホットドッグも期待できそうです!
ホットドッグはオリジナルドッグ(650円)、チーズドッグ(800円)、チリドッグ(800円)の3種類。バンズは全粒粉入りで、ソーセージは本場ドイツの製法で作った無添加のものだそう。ピクルスやケチャップ、サラダのドレッシングにいたるまで全て自家製というこだわりよう。
次回は絶対ランチでお邪魔します!!

また、8月1日から登場したという新メニューのカレーも気になります。

こちらのカレーは銀座で30年間愛されたカレー店「HARE GINZA」のものだそう。現在「HARE GINZA」は、冷凍カレーの通信販売専門店になっていて、店舗で食べられるのはここだけ!!
カレーはまず、シングル(1100円)とハーフ&ハーフ(1200円)の2種類の盛り方から選び、味はマイルドなものからスパイシーなものまで全5種類から選べます。美味しいカレーをより美味しく食べていただくためにと、カレー専用のスプーンで提供されるそうです。しかも使う方に合わせて、右利き用と左利き用が用意されているのだとか。ここにも美味しさへの強いこだわりを感じますね。

参考 HARE GINZA

身体に優しく、地球にも優しいアイテムを販売!

階段を上がった店の入り口には、安心・安全で身体に優しいドリンクやジャムなどがずらり。ここにあるアイテムにもこだわりが。お店が選び抜いた商品・ブランドでいっぱいなんです。例えば、地産地消・地域活性化・フードロス問題に取り組んでいたり、安心安全に飲んでもらえるよう有機農、無農薬で栽培された食材を使っていたり。

私が訪ねた時は、ジンジャーシロップやクラフトコーラなどが販売されていました。商品のラインナップは定期的に変わるそうです。試飲などをさせてくれる商品もあるみたいなので、気になる方は店員さんに声をかけてみてくださいね。

フードメニューやドリンクメニューも豊富で、どの時間に訪れても素敵な時間が過ごせそうです。外観や内装だけでなく、調味料にまでこだわり抜いている「soko station 146」。自家製ソースを使ったお店の人気商品「ホットドッグ」も、次回はぜひ食べてみたいです。また、コーヒーやホットドッグなどテイクアウトもできるので、近くの公園など、青空の下で味わうのも格別でいいかも。
外観からは想像のつかない、おしゃれで開放的なカフェで、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

参考 新木場公園 新木場|ヘリコプターや電車の車両基地がすぐそばに!緑と潮風を感じながらサイクリング! 新木場|風車や東京ゲートブリッジも目の前!潮風感じるサイクリング!

(2021年8月訪問)

 

ショップデータ

店名 soko station 146 (ソーコステーション146)
公式HP オフィシャル(公式)サイトへ
▶︎Instagram
住所・地図 江東区新木場1-4-6 2F(map
アクセス JR 京葉線・りんかい線・東京メトロ有楽町線「新木場駅」徒歩5分
土日祝日のみ駐車場利用可(4台まで/満車の場合は近隣の有料コインパーキングをご利用ください)
電話番号 03-6457-0084
営業時間 11:30〜18:00(ラストオーダー17:30)
定休日 火曜日
予約
座席、設備 テーブル席/ソファ席

子連れチェック

ベビーカー おむつ替えスペース × キッズチェア ×
キッズメニュー 食器・カトラリー フリーWi-Fi
備考 階段あり(エレベーターなし)
店内はテーブル間隔が広いので、ベビーカーの横付けは可能

※「ー」は未確認の項目です。 ※2021年11月現在の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です