小伝馬町|全品バター、卵不使用!美味しさをとことん追求したアメリカンヴィーガンベイクショップ「ovgo B.A.K.E.R Edo St.」

「NO BUTTER NO EGG, JUST TASTY!(バター卵不使用とは思っていないほど心からおいしい!)」をスローガンに掲げている、アメリカンヴィーガンベイクショップ「ovgo B.A.K.E.R Edo St.(オブゴ ベーカー エド ストリート)」。美味しさをとことんしたヴィーガンの焼き菓子が堪能できます。

ニューヨークの街角のような可愛い外観がお出迎え

小伝馬町駅から歩いてすぐのところに可愛い看板が。アメリカンヴィーガンクッキーやバナナケーキで話題のお店。ニューヨークの街角にあるような可愛らしい外観は、若い女の子の間でも「インスタ映えする」と人気のようで、取材の日もお店の外で写真を撮る女性の姿が。確かにアメリカンな世界観で、写真を撮りたくなるような可愛いお店です。

小学校時代の同級生3人で始めた、こちらのアメリカンヴィーガンベイクショップ。アメリカを旅している時に出合ったヴィーガンクッキーがきっかけとのこと。最初は小さなフリーマーケットから販売を開始し、ネット販売へと移行。そしてついに路面店としてオープンしたのがこのお店です。クラウドファンディングで開店資金を集めており、400人以上もの支援者が集まったようです。

ヴィーガン焼き菓子の美味しさを追求!

ヴィーガンとは完全菜食主義のこと。肉や魚を食べないベジタリアンの中で、さらにバターや卵をはじめとする動物性原材料も一切取らない主義だそうです。お店で注目しているのは、ヴィーガンが環境負荷の軽減になるということです。普段私たちが食べているお肉やバター、牛乳を生産するために環境へ負荷がかかっています。牛を放牧する大地を確保するために森林を伐採し、大量の水を使用したりしているのです。このように環境への負荷をかけ続けてきたことも一因となり、地球温暖化が進んでいるとも言われており、環境問題の解決のためにもヴィーガンを実行しようという思いがあります。

さらにヴィーガンでもこだわっているのは、美味しさに妥協はしないこと!「とにかくだれが食べてもおいしくて、かわいい!と思えること」にこだわり焼き菓子を作っているそうです。原材料にはオーガニックや国産のもの、人工甘味料や保存料も使用しないで作成しているため、アレルギーがある子どもも安心して食べることができます。

ヴィーガンクッキー、スコーンに、“スコッキー”も人気!

(写真上段がクッキー、中段にスコッキー、下段にマフィンです。)

店内に入るとたくさんの焼き立てヴィーガンクッキーが。種類も豊富です。クッキーやマフィンはもちろん、お店オリジナルの「Scokie(スコッキー)」という、Scone(スコーン)とCookie(クッキー)のいいとこ取りをした商品も!外はカリッと、中はしっとりしているのが特徴です。

また、ドリンクメニューもたくさん!「オリジナルブレンドコーヒー」(500円/税抜※以下同)などのコーヒーメニューは焼き菓子との相性がぴったりそうですし、「パッションフルーツソーダ」(550円)や「アメリカンチェリーソーダ」(550円)などのソーダ系も美味しそう。お店のロゴが入ったドリンクカップは可愛らしく、若い女性にも人気のようです。

今回はテイクアウトしましたが、店内でも数席カウンター席があり窓から外を眺めながら食べることもできるようです。キッズチェアは用意がないのですが、広さは十分あるのでベビーカーなどはそのまま置いて食べることができます。次はここでゆっくり食べてみるのもいいかも。

ボリューミーなマフィンはおやつだけでなく食事としても

(写真左ブルーベリー&クリームチーズ、真ん中上コーンブレッド)

「ovgo B.A.K.E.R」の焼き菓子の中で、筆者が特におすすめしたいのはマフィン。数あるマフィンメニューの中から、今回は「ブルーベリー&クリームチーズ」(530円)と「コーンブレッド」(500円)を購入。

「ブルーベリー&クリームチーズ」は、見た目も可愛い!甘味もちょうど良いくらい。中にクリームチーズが入っているので、温めて食べるのもおすすめとのこと。試してみると、たしかに温めたほうがクリームチーズの美味しさが引き立ちます。

そして、お子さんにぜひおすすめしたいのが「コーンブレッド」。中にコーンがたくさん入っているマフィンで、子どもたちがきっと大好きな味!このマフィンには、バターを50円で追加することもできます。

1本のパウンドケーキにバナナ6〜7本使用している濃厚バナナブレッド

1本のパウンドケーキにバナナ6〜7本を使用しているということで、以前から気になっていたバナナブレッドも購入。今まで食べたバナナブレッドで一番おいしい!しっとりとしていてずっしり。バナナを濃厚に感じることができます。これは絶対また買いに来ようと思いました。今回は待ちきれず家に帰ってすぐに常温で食べましたが、冷やして食べるのもおすすめだそうです。

 

正直ヴイーガンはあまり美味しいものではないと思っていましたが、そのイメージが覆るのが「ovgo B.A.K.E.R Edo St.」!焼き菓子は、全品卵・バター不使用とは思えない濃厚な味です。大人も子どもも安心して食べられ、手土産にもおすすめです。ぜひ美味しくてかわいいヴィーガンの焼き菓子を堪能してください。

※お店でのお会計はキャッシュレス決済のみなので、訪れる際はデジタル端末をお忘れなく!

 

(2021年9月訪問)

 

ショップデータ

店名 ovgo B.A.K.E.R Edo St.(オブゴ ベーカー エド ストリート) 
公式HP オフィシャル(公式)サイトへ
▶︎Twitter
▶︎Instagram
住所・地図 中央区日本橋小伝馬 10-8(map
アクセス 東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」 2番出口から徒歩2分
電話番号 03-6667-0328
営業時間 平日11:00〜19:00 土日10:00〜18:00 (詳細は店舗へお問い合わせください)
定休日 なし
予約 なし
座席、設備 カウンター席

子連れチェック

ベビーカー おむつ替えスペース × キッズチェア ×
キッズメニュー × 食器・カトラリー × フリーWi-Fi ×
備考  

※2021年9月現在の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です